アンチエイジングに効果のある食事。具体的に何を食べる?

まずは、前回の復習です。

体にダメージを与え老化を促進させるのは、AGEsをたくさん含む食品

  • 食べたAGEsは体内に蓄積する
  • 体の構成物質であるタンパク質が糖化し、AGEsになる
  • 油で揚げるなど高温調理した食品は避けたいと学びました。

 

アンチエイジングに効果のある食事

【老化防止の調理法】 生のままいただく。あるいは、少量の水で軽く蒸す。ゆでる。

【糖化を防ぐ飲み物】老化の原因となるAGEs生成を防ぐ、抗糖化作用を持つ飲み物

  • カテキン(ポリフェノールの一種)を含む緑茶
  • クロロゲン酸(ポリフェノールの一種)を含むコーヒー。コーヒーはブラックで砂糖なしがいいですね。

【老化防止の栄養素】必須アミノ酸、必須脂肪酸

人体60兆個の細胞の生成と、活力を助ける栄養素は、体内で合成できない必須アミノ酸、必須脂肪酸。以下の食品を、意識して、取り入れる様にしたいものです。

必須アミノ酸

  • しじみ、牡蠣、煮干し、かつお、あじ、さんま
  • 乳製品、卵黄
  • きのこ、大豆製品、納豆や木綿豆腐
  • 鶏もも肉、鶏むね肉、鶏皮

ビタミン・ミネラル

  • 生野菜
  • くるみ
  • 生のビーツ

必須脂肪酸:私たちの体の細胞膜やホルモンをつくる原料

  • オメガ6とオメガ3は亜麻仁油(Linseed oil)に多くふくまれている。

 

体の若さ(体内年齢)を維持するには

例えば、大怪我の後、暫く、動けないでいると、筋肉が落ちて、肌も老化してくるのをご存知ですか?

同様に、糖質制限が過ぎて、ぜい肉だけでなく、筋肉を落とすのは逆効果です。これは、成長ホルモンの分泌を止め、肌年齢だけでなく、体内年齢も、老化してゆく結果になります。

ストレッチでもいいので、筋肉に刺激を与えて下さい。その痛みが、脳神経に働き、成長ホルモンの分泌を高めます。適度の運動を続け、筋肉を落とさない。そんな努力が必要です。

 

次回予告・・・

『自律神経を整えるには』に続きます。