老化を招く食品は避けよう!

実年齢よりはるかに若かく見える方もいれば、いやに老け込んで見える方もいます。この見た目年齢を左右するのは、生活・思考・行動習慣ですが、中でも大きな要因が食生活に起因する糖化です。
 
 

まずは、糖化の仕組みを復習しましょう。

過剰摂取した糖が、体内、つまり血中で、余剰状態となり、体細胞や組織を構成するタンパク質にこびり付き、体温で温められ、体内で糖化が起こります。

次第に、細胞や組織の蛋白質は劣化して、老化物質AGEsに変わり、以下の様な老化を招きます。

  1. 肌のハリをまもるコラーゲン。糖化によりAGEsが増えると、茶色いシミやシワ、たるみの原因に
  2. 肌は透明感が失われ、くすみが目立ち、肌が弾力性を失う
  3. 糖質が血中で過剰、すると、血管のコラーゲンが糖化。その結果、動脈硬化を招く
  4. 骨も糖化により、茶色を帯びたり、骨粗しょう症になるリスクが高まる

若々しさと健康を保つために、早速、糖化を防ぐ食生活を始めてみましょう。
 
 

では、老化を招く食品とは?

体にダメージを与え老化を促進させるAGEsをたくさん含む食品。つまり、糖分とたんぱく質を、高温加熱した食品は避けたい食品といえます。たとえば・・・

  1. パンやケーキ、ドーナツ・クッキーなど、小麦粉・砂糖を使った焼き菓子
  2. ベーコンやソーセージなど加工肉
  3. トランス脂肪酸を含むマーガリン・ショートニング・植物性油・サラダ油
  4. 油で高温調理した肉類。とんかつ・唐揚など
  5. 塩分の取りすぎ:細胞から水分を奪い体が乾燥。シワができ、肌が弾力性を失う
  6. 清涼飲料水:果糖や人工甘味料の含有率が高い。特に、人工甘味料はブドウ糖の10倍の速さで糖化を引き起すので避けるように

では、今日はここまで・・・

 
 

次回予告・・・

次回のテーマ『アンチエイジング対策。では、具体的に何を食べる?』に続きます。