心と体の健康を守るのは、自律神経のバランスを整える運動!

明けましておめでとうございます。

年末年始は、如何でしたか? 我が家は、おせち料理も糖質制限メニューで、しっかりと、楽しみました。やはり、生活習慣は例外を作らずに、継続する事が必要ですね。

前回、交感神経優位でも、副交感神経優位でも、体調不調や、心身のトラブルを招く。健康のためには、自律神経のバランスを回復する事が大切。方法は、食事と運動。この2つ生活習慣が大切です。というお話をしました。

今回は自律神経のバランスを整える運動について、情報をシェアしますね。参考資料を探していて、健康について多くのエビデンスを実際に読まれて、アドバイスをしてくれているサイトをみつけました。美と健康Well-beingの記事が、きっと、お役に立つと思うので、リンクを貼ります。

 

筋肉を使うと発熱します

fire muscleという表現があるのですが、筋トレをしていると、首筋から、肩の筋肉に火がついたような熱さを感じる事があります。

人間の体は、筋肉を使うと本当に、発熱し、体温が上昇して、血流や代謝が良くなります。逆に、家でゴロゴロして、筋肉を使わなければ、体内の発熱は起こらないので、低体温体質・血流も滞り、心身の病気になりやすい訳です。

 

元気を取り戻したいなら

健康で、元気でいたいのなら、毎日、駅まで歩くとか。エスカレーターを使わずに、階段を使うとか。無理のない軽い運動を生活の中に取り入れてください。

あとは、ヨガの呼吸法とか、ゆったりとしたヨガやストレッチの動きは、自律神経のバランスを取り戻すのに、効果が期待できます。

 

まとめ:注意していただきたい点

運動は必要です。でも、仕事量が多くて、毎晩遅くまで残業。働き過ぎの状態を変えずに、筋トレなどを始めるのは要注意です。

まずは、頑張りすぎの生活習慣を見直しましょう!健康あっての人生です。

そして、自分の体の調子、体調に合わせた無理のない運動から始める事です。忙しい人は、まず生活習慣を見直す。体が整ってから少しずつ運動を始める。これをお勧めします。