心と体の健康を守るのは、自律神経のバランスを整える運動!

明けましておめでとうございます。

年末年始は、如何でしたか? 我が家は、おせち料理も糖質制限メニューで、しっかりと、楽しみました。やはり、生活習慣は例外を作らずに、継続する事が必要ですね。

前回、交感神経優位でも、副交感神経優位でも、体調不調や、心身のトラブルを招く。健康のためには、自律神経のバランスを回復する事が大切。方法は、食事と運動。この2つ生活習慣が大切です。というお話をしました。

今回は自律神経のバランスを整える運動について、情報をシェアしますね。

筋肉を使うと発熱します

fire muscleという表現があるのですが、筋トレをしていると、首筋から、肩の筋肉に火がついたような熱さを感じる事があります。

人間の体は、筋肉を使うと本当に発熱し、体温が上昇、血流や代謝が良くなります。逆に、家でゴロゴロして、筋肉を使わなければ、体内の発熱は起こらないので、低体温体質・血流も滞り、心身の病気になりやすい訳です。

 

元気の秘訣はこれ!

健康で、元気でいたいのなら、毎日、駅まで歩くとか。エスカレーターを使わずに、階段を使うとか。無理のない軽い運動を、まず、生活の中に取り入れるといいですね。

あとは、呼吸法とゆったりとしたヨガ、あるいは、ストレッチの動きは、自律神経のバランスを取り戻すのに、効果が期待できます。

 

最後に

筋肉の衰えを避け、柔軟な体を維持するだけではなく、健康でいるためには、いくつになっても、適度な運動は必要です。

でも、仕事量が多く、毎晩遅くまで残業。そんな働き過ぎの状態を変えずに、筋トレなどを始めるのは、体への負担が大きく、注意が必要です。まずは、そもそも、今、現在、頑張りすぎの生活習慣。ここを見直してみることが大切。

そして、健康的な生活習慣を身につけるには、情報収集をしっかり行うことをお勧めします。例えば、Fab5というサイトでは、誰でもが、無理なく取り入れることのできる健康習慣が紹介されています。

健康あってこその人生です。まず生活習慣を見直し、体調に合わせた無理のない運動から始める。これをお勧めします。