シックハウス症候群から学ぶ。健康住宅の基礎知識!

美と健康維持:知識を蓄え住環境を整えよう!

引っ越しに伴い、これまで全く経験したことのなかった辛い症状を発症、体調不調が続きました。家族みんなの健康を守る住環境を整えるために、化学物質を削ぎ落とした健康住宅を建てる。という強い意志に促され、忙しい仕事の合間をぬって、健康を守ってくれる家づくりのリサーチ活動を続けています。

建材に含まれる化学物質と人体への影響について

内装材などの建材や断熱材には、接着剤や塗料など化学物質が含まれ、安全を守るはずの家で、呼吸により空気を通して体内に毒物が入ってしまい、体内で営まれる健全な生命活動を阻害している。のだそうです。

具体的にどんな症状がでるのか、厚生労働省のホームページなどを調べてみると、私が経験した目・鼻・喉の辛さ、吐き気や頭痛は典型的なシックハウス症候群の症状であることが分かりました。

厚生労働省ホームページから、PDFでダウンロードできる分厚い資料。これは読むのが、非常に大変ですし、専門的すぎて、正直、私には、よく理解できませんでした。『シックハウス症候群とは?』グーグル検索していたら、注文住宅の基礎知識をシェアしているこちらのサイトに出会いました。

『シックハウス症候群とは?原因となる化学物質と人体への影響について』というタイトルの記事、第3章には、シックハウス症候群の原因といわれている化学物質、一つ一つについて、名称・特徴・人体への影響という3つのコラムに分け、非常にわかりやすく説明されています。

こんな化学物質という毒素を、寝ている間に、体内に蓄積していたと想像するだけで、恐ろしくなりました。眠りの質に気をつけて、私が目指していた若々しい美しさとか、健康を増強するなど、ありえない状況ですね。

シックハウス症候群という辛い思いを実際に体験した者として、心に刻まれた文章があります。この部分です。以下、シェアさせていただきますね。お互いに住まいをしっかり、見直して、家族の健康を守りたいものです。

 

シックハウス症候群を引き起こす他の化学物質は規制なし

建築基準法で規制される化学物質は、ホルムアルデヒドとクロルピリホスの2つだけです。前述の表にあるシックハウス症候群を引き起こす化学物質は他にもある事から、建築基準法を満たすだけでは、体に安全だとは言えない様です。            引用:夢 我が家

 

健康オタクの私が、シックハウス症候群と診断されました!

引っ越した途端に目がチカチカして涙目に

年初に自然環境に恵まれた郊外の新築マンションに引っ越しました。川沿いの散歩を日課にして、食事と運動で自律神経を整えよう。若返るぞと、楽しみにしていた引っ越しでしたが、この数ヶ月間、涙目や吐き気、頭痛に悩まされ、かなり苦しみました。

こんな症状とは全く、無関係で生きてきた私。食事には人一倍気を使い、運動を日課にして健康に気をつけているのに、なぜ? 花粉症かな? はじめはそう思っていました。

シックハウス症候群と診断されました。

目がチカチカして涙目、鼻水もでるし、花粉症かしらと思い、病院にかかったところ

  1. 新築マンションへの引っ越しで、シックハウス症候群の可能性がある。
  2. 内装材や建具には、接着剤や塗料など化学物質が使われている。
  3. 人によっては化学物質に過敏反応し、目や鼻の粘膜への影響・頭痛・吐き気が現れる。
  4. 対策は、こまめに換気をして有害物質を室内にためない。窓を開けなさい。

と、アドヴァイスをいただいたものの、冬場に外気を入れるために、常時、窓を開けて生活するわけにはいきません。生活環境、寝て体を休める場所が、有害物質で満ち、その空気を吸って睡眠をとっていると考えただけで、恐ろしくなり、かなり落ち込んでいました。

シックハウス症候群について調べてみました。

私にとって分かりやすい説明は、こちらの衛生研究所のサイトでした。ご紹介します。

平成15年7月、改正建築基準法が施行され、内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを発散する建材の面積が制限されるようになりました。

ホルムアルデヒドは濃度によって人体影響が異なり、0.08 ppmあたりから臭いを感じ、3 ppmでは目や鼻に刺激が起こり、4~5 ppmでは涙が出たり、呼吸器に不快感が生じます。50 ppm以上になると、肺炎などを起こし死亡することもあります。長期的には、発がんの可能性もあると言われています。

ppmとは、空気中における汚染物質等の微量な重さ(濃度)の単位で、英語の parts per million(百万分の1)の略。ちなみにホルムアルデヒド濃度1ppmとは、1m3(百万cm3)の空気中に1cm3のホルムアルデヒドが含まれている状態。

新築住宅に入居する場合は、完成からしばらく待ってから入居することをお勧めします。調査結果からも、約3ヶ月後にはホルムアルデヒドとトルエンの濃度がかなり減少していることがわかります。もちろん、その間こまめに換気をすることが必要です。

出典:愛知県衛生研究所  (抜粋)

おかげさまで愛知県衛生研究所のコメント通り、入居後4ヶ月経った今は、症状が楽になっています。

健康維持には、住環境を整える

引っ越しに伴い、考えてもいなかった体調不調を経験。郊外という自然環境を整えてみても、肝心の住居の住環境を整えなければ、意味がないのだということを学びました。体が、楽になった今、健康住宅を建てるという強い意志を持っています。

体の健康と、心の平和のために、健康住宅を作りたい!

この世界は知識が全くないので、頑張ってリサーチをしてみます。皆さまの健康のために、お役に立つと思いますので、進捗状況をご報告しますね。